不動産投資とLBOローンを活用した企業買収

なぜ、レバレッジが大きく効率の良い投資手法として、不動産投資とLBOローンを活用した企業買収が注目されているのか。弊社の投資実績により蓄積してきた投資先支援のノウハウから読み解きます。

LBOローンを活用した企業買収とは

不動産投資は、購入時にローン調達し、家賃収入でローン・利息等を返済するのと同様に、企業投資も買収時にローン調達し、企業が生み出す利益によって、ローン・利息を返済します。

LBOローン(レバレッジドバイアウト)とは、企業買収目的の借入れのことです。買収対象の事業や信用に対して、メガバンクや地銀などが貸し付けをします。買い手(弊社のようなファンド)の事業・信用とは切り離されて融資額が決定されるため、投資家は返済責任を負いません。

不動産投資

企業買収

不動産投資とLBOローンを活用した企業買収の投資イメージ

投資対象の価値に変動がない場合は不動産投資も企業買収も、同じ投資倍率の結果となります。

市況の影響がない場合、企業買収は利益成長によって企業価値が向上する可能性があるため、投資元本が同じであっても、不動産投資より伸びしろがあると言えます。

まとめ

不動産投資とLBOローンを活用した企業買収は、いずれも購入時(買収時)にローンを調達できるためレバレッジ効果を発揮でき、非常に効率のいい投資手法と言えます。企業買収は、不動産のような経年劣化もなく、努力・工夫次第では企業買収後のエグジット(IPOまたはM&Aによる第三者への売却)の際に、より大きなリターンが得られる可能性を秘めているのです。


*企業成長の程度は、投資対象企業によって異なり、当該金額はあくまでイメージとなります。